セロトニン 増やす

古くから沖縄で親しまれてきたクワンソウです。

なんとなく心がモヤモヤしてスッキリしない気持ちになったり、なんだか落ち着かなくてリラックスできなかったり・・・

 

 

心には形が無く、目にも見えないものですが、そんな心の状態は、脳内で働く神経伝達物質が作り出しているのです。

 

 

人の感情や、睡眠に関係しているのは、三大神経伝達物質とも呼ばれる「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」という3つの脳内ホルモンです。

 

 

ドーパミンは、快楽を司る脳内物質で、喜びを感じた時に多く分泌されます。

 

 

適度に分泌されるには良いのですが、過剰に分泌されると、例えばアルコールや買い物、ギャンブルなどへの依存症を引き起こす可能性があります。

 

 

ノルアドレナリンには、神経を興奮状態にする役割があります。

 

 

物事への判断力を高めたり、ストレスなどの外部からの刺激に対抗するために必要ですが、過剰に分泌されるとイライラしたり、不安神経症などを引き起こしてしまいます。

 

 

セロトニンは、精神を安定させ、幸福感をもたらす脳内物質です。

 

 

ノルアドレナリンやドーパミンが興奮系のホルモンであるのに対し、セロトニンは、それらの働きにブレーキをかけるように働く、抑制系のホルモンです。他の神経電鉄物質のバランスを整えるような役割を担っています。

 

 

セロトニンの分泌量が足りないと、不安感を感じやすくなり、うつ病の原因になる危険もあります。

 

 

心を健康な状態に保つには、3つの神経伝達物質がバランスよく分泌される必要があるのです。

 

>>リラクミン公式通販ショップはこちら<<