リラクミン 体験談

リラクミン 体験談

 

睡眠時間に悩みを感じるようになったのは母の病気がきっかけでした。

 

 

二人の子供を抱えて日々、家事や育児に奮闘しているさなか、母が病気になってしまったのです。

 

 

もう何年も前に父が亡くなっており、一人娘の私が母の世話をすることになりました。

 

 

家計のために一日数時間ですがアルバイトもしていた私にとって、さらに忙しい日々が始まったのです。

 

 

朝は子供たちを送り出すと、いったん母の病院へ行き選択するものなどを取りに行き、そのあとアルバイト先に向かう日々が続きました。

 

 

心身ともに疲労困憊で過ごしていたところ、ある日、すごく疲れているにもかかわらず眠れなくなってしまったのです。

 

 

でも、全く眠れないというわけではないのです。

 

 

2時間から3時間ごとに目が覚めてしまい、朝まで熟睡することができなくなる不眠の症状が出ていました。

 

 

当然ながら、眠れないことで体も疲れが増し、ふらふらになりながらも家事や育児、病院での母のお世話やることをこなしていました。

 

 

そんな私を心配した夫が「病院に行って睡眠薬をもらってきたら」と勧めたのですが、私としては一時的な使用といえど依存性が強くなることが怖かったことと、何より副作用のほうが心配でした。

 

 

そこで、薬以外で不眠の症状を解消する方法はないかと思い、ネット上で情報を収集しました。

 

 

その中で口コミで評価が高かったのが、「リラクミン」です。

 

 

サプリメントなので副作用の心配もなさそうでした。

 

 

不眠の原因は「セロトニン不足によるもの」と言われています。

 

 

セロトニンは心のバランスを整える作用のある神経物質で別名「幸せホルモン」ともいわれています。

 

 

しかし、不足すると不眠のほかにも憂鬱感やイライラ感、ストレスなども感じやすくなります。

 

 

セロトニンを増やすことができると、心も安定するので、脳もリラックスできて良い睡眠をとることもできるのです。

 

 

リラクミンにはこのセロトニンを増やすことができる成分を豊富に含んでいるので、飲むたびに気持ちもリラックスしてきました。

 

 

私は胃腸が弱いほうだったのでサプリメントを飲むことで、下痢や胃もたれなどを起こさないか心配だったのですが、特に副作用もなく飲めたことも大きいです。

 

 

睡眠の質も徐々に良くなり、リラクミンを飲んで一か月後には5時間ほどまとめて睡眠をとれるようになりました。

 

 

良い睡眠がとれるとどんなに忙しくても、体や心の疲れをしっかりと取ることができます。

 

 

改めて「睡眠は大切だな」と感じました。

 

>>リラクミン公式通販ショップはこちら<<