クワンソウ

セロトニンをアップしてメンタルをケアします。

『リラクミンSe』に含まれている3つのリラックス成分とは?

 

 

●クワンソウ

 

ユリ科サスレナグサ属の多年生の植物。

 

原産は中国と言われていますが、日本でも九州より南の暖かい地方に自生しています。

 

沖縄では、ゴーヤーや紅いもなどと共に「おきなわ伝統的農産物」に指定されており、和え物や天ぷらなどにして食べられています。

 

沖縄では古くから“ねむり草”と呼ばれるほど、眠りに効果があることで知られていましたが、近年の研究で、クワンソウに含まれるアミノ酸の一種・オキシピナタニンという成分が、スムーズな入眠を促し、ぐっすり眠れる効果を発揮することがわかってきました。

 

 

●ラフマ葉エキス

 

ラフマ(羅布麻)は、中国の西部から北西部に横たわる羅布高原に自生するキョウチクトウ科の多年草で、古来よりさまざまな効能を持つ薬草として利用されてきた歴史があります。

 

近年の研究により、ラフマに含まれるフラボノイドに、リラックス効果をもたらす脳内ホルモン・セロトニンの分泌量を増やす効果があることがわかり、注目されています。

 

 

●ギャバ(GABA)

 

人間の体内、特に脳内や脊髄に多く存在するアミノ酸の一種で、リラックス作用のある神経伝達物質として働きます。

 

ストレスや緊張状態が続く状況では、体内でギャバが大量に消費され、不足してしまうため、食物などから摂取する必要があります。

 

>>リラクミン公式通販ショップはこちら<<